2013年02月20日

フルートの楽譜について

憧れの楽器魅力的な音色を持つフルートは、コンパクト収納もでき持ち運びにも便利です。
また、フルートは脳の発達や活性にもいいと言われています。
コツをつかめば誰にでも簡単に音が出すことができるそうですが、それまでが一苦労ですよね。
その前に何か演奏するには音符が読めないといけませんよねexclamation&question
音符が読めなくても耳で聞き演奏することも可能ですが、
できれば音符を読み楽譜を見て演奏したいものです。
フルートの楽譜はピアノの楽譜と似ているそうです。
へ音記号などがつくと厄介みたいですが、ト音記号だけでピアノの楽譜が読める人ならばすぐに理解ができます。
そして、音域もピアノと比べると狭く3オクターブくらいなのです。
と言っても、ピアノ経験がある人は良いですが楽譜が全く読めない人はもうやだ〜(悲しい顔)
フルートの楽譜は単旋律で、単音のメロディーで和音がありません。
つまり、一度の一つの音を出せば良いのです。

シルキーカバーオイルブロック
posted by まえふ at 19:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。